キャベツ山さとしの大キャベツ山さとしブログ

漫画、音楽、お笑いメインで気が向いたときに更新します。

『M-1グランプリ2018』感想

どうもー。お久しぶりですー。

素人の好き勝手な感想の時間で~す。

 

f:id:CabbageHunter:20181203221608j:plain

 

平成最後のM-1グランプリ、見事に平成生まれの優勝で幕を閉じましたね!!

今年は辛い審査が目立ち、ずっと難しい感じの空気の中でのネタ披露なのかな~と見受けられたけど、トム・ブラウンでようやく磁場が狂い、そこで霜降り明星がやってくれた!って印象でした。

 

おもしろかった。

というかなんか「お笑いっていいな~」ってなった。

 

出順も去年と同じく直前発表スタイルだったけど、結局理想的な形になったのではないでしょうか。

 

正当派が多くてどうかな~とも思ったけどしっかり楽しめて、ナイツ塙・サンド冨澤のコメントも良くて、更にはドラマチックな優勝もあって改めていい大会だったなと。

 

ミキが上がってきたこと以外は文句なし!!!

 

ちなみに個人的に観たかったとこと、3連単予想はこう。

 

では簡単にネタの感想を~。

 

FIRST ROUND

1.見取り図

f:id:CabbageHunter:20181203223639j:plain
決勝初出場 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2007年結成

漫才『彼女が欲しい』

 

それまでそんなに印象に残ってなかったけど、去年の敗者復活で一気に個人的に注目するようになったコンビ

去年の敗者復活は今回も登場した「アタオカ」を結構連発してておもしろかったんですよ~。

今年も良かったけど去年の方が好き。

ウケてないなってこっちも分かっちゃうとやっぱツライかな~。

伏線も引っ張りすぎてた気が。

 


2.スーパーマラドーナ

f:id:CabbageHunter:20181203223707j:plain

4大会連続4回目 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2003年結成

 

漫才『サイコな隣人』

 

ラストイヤー

スーマラはそんなにハマってなくて、「何で毎年決勝に!?」筆頭なんすよね~。

おもしろい時はおもしろいけど。

今年はおもしろかったと思う。サイコ好きなんで。

テレビ観てる限りでは、スタジオの空気を摑めてないなって感じでした。

 


3.かまいたち

f:id:CabbageHunter:20181203223721j:plain

2大会連続2回目 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2004年結成

 

漫才『ポイントカードを作りたい』

 

和牛の対抗馬だと思ってたコンビ

実際ネタもめちゃくちゃおもしろかった!

超好き!

執拗に客に確認するやつとか、「M-1史上最悪の客です」とか超好き!

最後の畳み掛けも圧巻で、「いよいよここからM-1グランプリ2018が本格的に始まる~~!!うひょ~~!!」てな感じでしたね。

しかし志らくさんが辛くて会場の空気も元に戻ってしまうという。

キングオブコントとの2冠もあると思っていただけに残念。

 


4.ジャルジャル

f:id:CabbageHunter:20181203223740j:plain

2大会連続4回目 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2003年結成

 

漫才『国名わけっこ』

 

ジャルジャルもラストイヤーなんだって。

おもしろかった。

しかもツッコミのタイミングを客の反応を見て後藤がコントロールしてたっていうから凄い。

ジャルジャルって凄いのにただふざけてる奴らって思われてそうでもったいないよね。

超良かったです。

ゼンチン

 

 


5.ギャロップ

f:id:CabbageHunter:20181203223820j:plain

決勝初出場 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2003年結成

 

漫才『コンパの誘い』

 

ラストイヤー

ダイアンみたいな立ち位置になんのかな~と思ってたら、ダイアンがちょっと売れてこっちじゃ全然観なくなったコンビ

フツーにおもしろかったけど、正統派ばかりの今大会じゃ弱いよな~。

関係無いけど今年武蔵大学の学祭でダイアン西澤がギャロップ林をイジってたのおもしろかった。

 


6.ゆにばーす

f:id:CabbageHunter:20181203223832j:plain

2大会連続2回目 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2013年結成

 

漫才『リポーターのシュミレーション』

 

川瀬名人が優勝した次の日に引退する姿を見たいが故に、ここ最近毎年楽しみにしてるコンビ

うまいこといけてなかったな~。完全に去年の方が良かった。

しっかり作られてたし、来年も頑張ってほしい。

 

 


7.ミキ(敗者復活組)

f:id:CabbageHunter:20181203223903j:plain

2大会連続2回目 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2012年結成
 

漫才『ジャニーズ』

いや~ミキ、アイドル的な人気があるくせにそこまでつまらなくないし、かと言っておもしろいとも思わないし、この10組で一番好きじゃないコンビだ。

敗者復活で上がってきたとき冷めちゃったな~。

ネタも不運なことに、前日『下北沢にて』という音楽イベントで観た閃光花火というコンビのネタとモロ被りしててアレだった。

あとやっぱりうるさいよね。

更にはここの上沼恵美子の審査&講評がクソすぎて。

 


8.トム・ブラウン

f:id:CabbageHunter:20181203223925j:plain

決勝初出場 ケイダッシュステージ所属 2009年結成

漫才『中島MAX』

 

今大会イチ決勝で観たかったコンビ

まさか上がってきてくれるなんて~~!!

しかもこの大舞台でこれwwwwwwww

平成ヒットソングメドレーwwwwww

謎の高得点も含めてめちゃくちゃ良かった!!!

完全に知ってるネタなのに死ぬかと思った。

「土の中から加藤一二三」という最高の次回予告もバカウケで爪痕残しっぷりがエグイ。

今後の活躍に圧倒的期待。

 


9.霜降り明星

f:id:CabbageHunter:20181203224249j:plain

決勝初出場 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2013年結成

 

漫才『豪華客船の風景』

 

霜降り、超良かった。

つかみのボラギノールから鬼クソ良かった。

みそ汁大臣とか最高。

あと霜降りは「東京ホテイソンと若干被るな~」と思ってたんだけど、こっちの方が全然強いね。

かなり昔にオールザッツで観た粗品のピンネタがかなりおもしろくて、これまで霜降りのネタ観てもそれを超えね~と思ってたんだけど、今回は明らかに強かった。

「トロフィーのシルエットが2人のまんま」って奇跡じゃん。

 


10.和牛

f:id:CabbageHunter:20181203224122j:plain

4大会連続4回目 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 2006年結成

 

漫才『ゾンビになったら』

 

超優勝候補

もうこの出順になった瞬間何やっても優勝すると思った。

というか今年のM-1は和牛を優勝させないとどうしようもないと思ってた。

ネタもやっぱり超うめー。

仕上がりがとんでもねぇわ。

 

 

最終決戦

霜降り・和牛・ジャルジャル

ここまでどこが優勝しても文句なしってのは凄い。

 

1.ジャルジャル

漫才『決めポーズ』

ジャルジャルっぽくて良かった。

 

2.和牛

漫才『オレオレ詐欺訓練』

ちょうど今『カリギュラ』を観てるおかげで「オレオレ詐欺選手権」感が少しあるな~と感じちゃったけど、和牛っぽくてやっぱうめ~。

しっかりお笑いになっててホントすげぇな~。

 

 

3.霜降り明星

漫才『学校の思い出』

ここで往年のネタ!!

おもしろい。そして楽しい。

せいや、スーパーエンターテイナーだ。

 

14代目王者

f:id:CabbageHunter:20181203234715j:plain

ということで霜降り。

完全に和牛だと思ってたから発表された瞬間大興奮しちゃった。

ナイスエンターテイメント!!

 

まとめ

今年は個人的にもなぜかM-1モチベが高くて、久しぶりに3回戦からチェックするとかしてたくらいなんですけど、しっかりいい大会になって良かった。

ここまで「ラスト3組どこが優勝しても文句ない」ってのも珍しい。

芸人が更に好きになる、素晴らしい大会でした。

あとDJ KOOマジで凄かったね笑

 

最後に最終順位と、個人的な好みの順位を。

 

終結

1位:霜降り明星(662/4票)

2位:和牛(656/3票)

3位:ジャルジャル(648/0票)

4位:ミキ(638)

5位:かまいたち(636)

6位:トム・ブラウン(633)

7位:スーパーマラドーナ(617)

8位:ギャロップ(614)

9位:見取り図(606)

10位:ゆにばーす(594)

 

個人的結果

1位:かまいたち

2位:霜降り明星

3位:トム・ブラウン

4位:ジャルジャル

5位:和牛

6位:スーパーマラドーナ

7位:見取り図

8位:ギャロップ

9位:ゆにばーす

10位:ミキ

 

敗者復活は金属バットとたくろうが好きでした。

こっちもおもしろかった。

 

以上!良いお年を!

 

2018年上半期ベストミュージック

 

お久しぶりです。

アイドルを観に行きすぎて2017年下半期の選出はサボってしまいましたが、今回は時期を逃しながらもやりましたよっと。

てなワケで相変わらず邦楽だけですが、ベストアルバム、ベストトラック

そして注目アイドルを。

ちなみにもし2017年下半期で選んでるなら、あいみょんとかフィロソフィーのダンスとかかな~。

では。

 

 

ベストアルバム

2018年1月1日~2017年6月30日にリリースされたアルバム or ミニアルバム or EPの中から、10枚を選出。

※アーティスト50音順

 

AL『NOW PLAYING』 

NOW PLAYING

NOW PLAYING

 

www.youtube.com

小山田壮平はいつでも我々の心をあの頃へと引き戻す。

懐かしくも心地いい一作。

 

カネコアヤノ『祝祭』

祝祭

祝祭

 

www.youtube.com

次世代枠あいみょんかカネコアヤノかってとこのカネコアヤノ。

今年に入っていろんなメディアで取り上げられてるのも納得の良さ。

 

KEYTALK『Rainbow』

Rainbow(通常盤)

Rainbow(通常盤)

 

www.youtube.com

満を持してKEYTALKが盛り返してきた!

初期が好きだったことによりここ最近のはイマイチに感じてしまうのが続いてたけど、今回は良い!やった!

 

tipToe.『magic hour』

magic hour

magic hour

 

www.youtube.com

今回のアイドル枠その1

「みんなで青春しませんか?」がコンセプト、メンバーの在籍期間が3年なセンチメンタル学園ポップアイドル。

アイドル版Base Ball Bearですね。違うけど近い。

最近のライブ観てると売れそうな感じがエグいし、8/15(水)には良曲まみれの3rd epが発売されるので早めのチェックを。

青春、儚くも美しい。

 

・・・・・・・・・『         』

「                」

「         」

 

www.youtube.com

アイドル枠その2かつ2018年上半期No.1アルバム

僕が上半期に一番通った現場ですね。

グループ名はドッツトーキョーと呼ばれてたりしてます。

ライブも曲もバッキバキに良いので、出来ることならばグループが存在しているうちにチェックしていただきたい。

とにかく本作、超名盤です。必聴。

 

ニガミ17才『ニガミ17才b』

ニガミ17才b

ニガミ17才b

 

www.youtube.com

ご存知ex.嘘つきバービーの岩下勇気率いるニガミ17才

圧倒的スルメ盤

ライブで聴いて「らしくない!」と衝撃だった世紀の大名曲『町の変態』も収録されています。

こちらも必聴。

 

羊文学『オレンジチョコレートハウスまでの道のり』 

オレンジチョコレートハウスまでの道のり

オレンジチョコレートハウスまでの道のり

 

www.youtube.com

 次世代枠

以前は「きのこ帝国っぽいな~」とばかり思ってたのですが、今作からはそれを受け入れたうえで更に違う良さも感じられるようになってきてます。

良いです。良い。

 

UNISON SQUARE GARDEN『MODE MODE MODE』

MODE MOOD MODE (通常盤)

MODE MOOD MODE (通常盤)

 

www.youtube.com

ニゾンは5年前とかは聴かず嫌いな方々だったんだけど、『シュガーソングとビターステップ』を聴いて一気に好きになった挙句、期待満々で聴いたこのアルバムもめちゃ良かったってやつですね~。

何度聴いてもいい。

 

lyrical school『WORLD'S END 

WORLD'S END

WORLD'S END

 

www.youtube.com

アイドル枠ラスト

ここへきてリリスクからめちゃくちゃいいアルバムがきましたよ~~!!

しっかりライブを観始めたのはメンバー入れ替え後からだけど、リリスクはいつ観ても楽しいし曲も良いし言うことなしだね~~!!!

 

The Wisely Brothers『YAK』

YAK

YAK

 

www.youtube.com

 次世代枠

激良しキターポップ。ライブも良いです。オススメ。

 

 

ベストトラック

2018年1月1日~2017年6月30日にリリース or 配信された曲の中から、10曲を選出。

主にMVがある曲(シングル曲、アルバムのリード曲)でアルバムの方で選んでないものから。

※アーティスト50音順

 

Wienners『DEAR MY OCEAN』

DEAR MY OCEAN

DEAR MY OCEAN

  • provided courtesy of iTunes

いきなりMVなかった~~。でもめちゃ良いっす。

Wienners久しく聴いてなかったけど好きな感じは変わってなくてうれしい。

 

踊ってばかりの国『Boy』

www.youtube.com

良い~~~

 

キュウソネコカミ『The band』

www.youtube.com

"リアルタイムで出会えたからライブが見れるの最高だね"という1フレーズの圧倒的共感による選出です。
キュウソ、ヤバTに負けずに頑張ってくれ。

 

THERE THERE THERES『Burnable Garbage』

www.youtube.com

ここはあまり通わなくなってしまったけど、実は今年の上半期のアイドル楽曲で一番好きかも。
楽しいうえにギターのフレーズが超絶好きとかもう最高でしかないでしょ。

 

CHAI『アイム・ミー』

www.youtube.com

CHAI結局良いよねってやつです。

2017年下半期選んでたらここも入ってたかな。

 

平井堅『トドカナイカラ』

www.youtube.com

ken hiraiワールド炸裂!!

好きなんですよ~平井堅

今回も超~~~良いですね~~~。

 

星野源ドラえもん

www.youtube.com

これはもう外すわけにはいかんだろ。

情報が解禁された瞬間の衝撃たるや。

星野源国民栄誉賞を取る日も近い??

 

ポルカドットスティングレイ『少女のつづき』

少女のつづき

少女のつづき

  • ポルカドットスティングレイ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

結局好きなのよね~こんなの

 

眉村ちあき『東京留守電話ップ』

www.youtube.com

眉村ちあきも外すわけにはいかない。

もう完全に売れちゃうね。

この人と一緒にいれば人生楽しいことばかりかも。

 

リーガルリリ『スターノイズ』

www.youtube.com

リーガルリリー、一回ライブで観て鳥肌が止まらなかった。

音源もすげぇいいけどとにかくライブで観て!!

 

 

注目アイドル

SAKA-SAMA

f:id:CabbageHunter:20180812213903j:plain

http://www.trash-up.com/sakasama/

毎ライブ全然違うステージを、"音楽"を感じさせてくれるアイドル

最近普通のアイドルに飽きちゃった人たち、ここ楽しいんじゃないかな~~。

楽曲も尖りまくりでいい感じです。

www.youtube.com

 

以上!

ありがとう、チャットモンチー!!!

 

『キングオブコント2017』感想

f:id:CabbageHunter:20171012224103p:plain

※ネタバレありますよ。一応。


リアルタイムで観てたのにひと月後に書くという堕落っぷりを露呈してしまいました。
まぁ一ヶ月後にもう一度観た上での感想ということで。


今年は面白かった気がするな〜!


っつってもやっぱりにゃんこスターインパクトが凄かったなってハナシになっちゃうんだけど。


とりあえず感想を。


ちなみに準決勝出場者が決まった段階で観たかった人たちはこれ。
パーパーさえ観れれば!と思ってた感じです。



1st ステージ

※ネタのタイトルはテキトーです。


1.わらふぢなるお
f:id:CabbageHunter:20171012224129j:plain
初出場 グレープカンパニー&サンミュージックプロダクション所属 2010年結成


わらふぢは2,3年前にめちゃくちゃ面白いネタを観た記憶があって、その時に「めっちゃ決勝で観たい!!」と思っていたコンビ。
個人的には今年ではない感。


『おふざけテレフォンアポインター


普通。
笑ったところが2、3箇所。
全体的に笑かしにきてるのにオチが笑い狙ってなさそうでう〜んてな感じかな。
結果としては印象に残らずでした。



2.ジャングルポケット
f:id:CabbageHunter:20171012224146j:plain
3年連続3回目 よしもとクリエイディブ・エージェンシー所属 2006年結成


ジャンポケ。
全然嫌いじゃないんだけど賞レースとかで上がってくると「ジャンポケか~…。」となってしまうよね毎年。
ネタがあまりハマらないのよ。


『エレベーター前の攻防』


また斉藤の声と勢いだけか!?と思ったけど、中盤の斉藤が気になっちゃって登れないくだりは面白かった。
その後はいつもの調子でまぁアレだったんだけど、この一瞬の巧いもどかしさ表現は高得点納得。



3.かまいたち
f:id:CabbageHunter:20171012224203j:plain
2年連続2回目 よしもとクリエイディブ・エージェンシー所属 2004年結成


実力者
"浪速のバナナマン"らしい。
かまいたちは面白いよね。
ここ8年くらいずっと面白い。


『告白されたときの練習』


面白かった。
初っ端で設定明らかにしたあとずっとジワジワ面白かったし、小ネタも良い。
そして後半、見られてるとこの練習たまらん。
地上波でスタンガンでこんな笑い取れてんのもすげー。
この畳みかけがあってこその高得点。
これでこそ賞レース。
何回観ても面白い。



4.アンガールズ
f:id:CabbageHunter:20171012224226j:plain
初出場 ワタナベエンターテインメント所属 2000年結成


初出場。
ここも個人的には去年の方が見たかったな~
アンガも無冠の帝王的空気を隠してるし、決勝にきたなら優勝してほしかった!!
シビアな世界だね~


『ビーチナンパ』


らしさがすごい。
2人のキャラが分かっているからこそのニヤニヤが出ちゃう。
悲哀だけでガンガン笑えちゃうってすげぇよ。
みんなボロクソ言ってたけどオチもアンガらしくて好きだよ。
設楽が言ってたように大会だからバーンってのがないと優勝はムズいんだよねやっぱり。



5.パーパー
f:id:CabbageHunter:20171012224339j:plain
初出場 マセキ芸能社所属 2014年結成


個人的に今年一番決勝に上がってきてほしかったコンビ。
決勝で観れるよ。うれしい。
つーか女性芸人が決勝来るの初だったのね。
パーパーの場合は女性芸人感そんなないけど。


『制服の胸のボタン』


無念。
無念!無念!無念!
かなり好きだったしずっーと面白い空気は漂ってただけに本当に残念。
セリフのミスも悪い方にいってしまった。
星野ディスコ、頑張ってくれ。



6.さらば青春の光
f:id:CabbageHunter:20171012224355j:plain
2年ぶり5回目 ザ・森東所属 2008年結成


実力者。
なにがあっても面白ければ決勝にいけるというKOCのスタイル、好きです。
そしてどんだけ面白いネタを作りまくっても優勝出来ない森田の哀愁。
KOCとはさらば青春の光・森田の為の大会なのかもしれない。


『新手の定食屋』


面白い!!
当時は若干ダレたとこもあったかな〜と思ったけど見返したら全部面白い。
東口の頭の洗濯バサミだけが謎。
ライブ感!



7.にゃんこスター
f:id:CabbageHunter:20171012224408j:plain
初出場 フリー 2017年結成(結成5か月)


大穴。
事前に知ってる人からしたらわくわく感が半端なかったのではなかろうか。
個人的には「スーパー3助とかいう全然面白くないやつが決勝に出るぞ!」という情報しかなかったので、
そりゃあ衝撃がすごかった。
フリーの芸人も初だったそうで、これ一気に人気者になっちゃいそうだしスケジュール管理とか大変だろうな~とか思ってたら翌日ナベプロに入るということで安堵安堵。
あと2人付き合ってるんだってね。
時代だ。ゆるふわだ。


『リズム縄跳び』


ありえん楽しかった。めちゃくちゃ笑った。
縄跳びがうめぇ!勢い~!!
決勝でこのテンション〜!!!
終わり方もイイ。しっかり名を刻みにきてる。
10周年という節目にここを決勝に持ってきた大会スタッフも優秀。
これぞ爆発。
大会の流れで観るとより凄さがわかるよね。
これを初めて見た時の衝撃をもう一回味わいたいよ!


あとはもうヒコさんがめちゃ共感みが深い記事を書いているのでそれを読んでくれ。
http://hiko1985.hatenablog.com/entry/2017/10/03/115557



8.アキナ
f:id:CabbageHunter:20171012224427j:plain
2年ぶり3回目 よしもとクリエイディブ・エージェンシー所属 2012年結成


アキナは特段観たいってわけじゃないけど見たらみたでつまわなくはないのでまぁ毎年どっちでもいいかなってコンビ。
ただ色んな賞レースで決勝まで進んでるし、優秀です。


『サイコ』


これもこれで超面白かった。
こういう狂気のネタすっげー好き。
アキナのコントで1番好きかもしれんな。
にゃんこの後でなければ。。



9.GAG少年楽団
f:id:CabbageHunter:20171012224440j:plain
初出場 よしもとクリエイディブ・エージェンシー所属 2006年結成


GAG!ついに決勝に!
めでたい!!


『幼馴染高齢者』


なんで10年分の想いを掛けた大会でこのネタなんだ…
もう全然面白くなかったな。
と思ったけど見返したら結構面白い。
というかリアルタイムじゃこの辺はにゃんこの余韻残りまくりで正直まともに観てなかったな。
でも面白いネタもっといっぱいあるはずなのに。



10.ゾフィー
f:id:CabbageHunter:20171012224504j:plain
初出場 フリー 2014年結成


フリーの芸人。全然知らんかった。


『母の失踪』


確かにライブで観てたらもっと掴まれててもっと好きになれてたのかもしれないけど、テレビでこれやんのは何かな〜と思ってしまった。
不謹慎が自粛されていく時代にこれを。
あとフリーへのこだわりみたいな事言ってたからここはずっとフリーなのかな〜なんて思ってたけど、事務所所属になったみたいだね。
どっかのタイミングでライブ観てみたいな。



ファイナルステージ

1.アンガールズ
『10年ストーカー』
うん。面白かった。
哀しみコントのスペシャリストだ。
お疲れ様でした。


2.ジャングルポケット
『倉庫』
武山の「や~め~ろ~」のトーンこそ好きだったけどいつもの感じだな~
あんま面白くなかった。


3.さらば青春の光
『パワースポットの警備員』
うまいよね。
でも1ネタ目の方が好き。
あと審査員も言ってたけど、岩が発泡スチロールなのちょい萎えちゃったな~
これはテレビの良くないところ。


4.かまいたち
ウエットスーツが脱げない』
はい、優勝。
めちゃくちゃ面白かった。
膝の皿のとこマジで腹砕けるとこだった。
間違いないわ。おめでとうございます!!


5.にゃんこスター
『リズムフラフープ』
天丼wwwww
優勝よりも名を刻むことを狙った結成5か月ならではのワザ!
よくやった!最高!!



まとめ

ということでにゃんこスターが弾けつつも、かまいたちの圧倒的優勝でしたね。にゃんこにゃんこ。

あと今年は審査員("5人のコントレジェンド")と結構意見が合って、納得の順位でした。

なんかネタ後のダウンタウンとの絡みみんな慣れてる感すごかったね。
時代なのかな?KOCも10年目となるとこうなるのか。

でもってなんか3年連続でトリじゃない人が優勝したらしいです。
2ネタとも抜群のネタを持って来ないとダメなの、ホントにムズいよね。

かまいたち優勝おめでとう!!
優勝後まだ一回も観てないかも!!


最後に、最終結果と個人的な順位を。


終結
1位:かまいたち(942) ←(464+478)
2位:にゃんこスター(928) ←(466+462)
3位:さらば青春の光(922) ←(455+458)
4位:ジャングルポケット(910) ←(452+458)
5位:アンガールズ(904) ←(452+452)
6位:わらふぢなるお(434)
7位:アキナ(432)
8位:ゾフィー(422)
9位:パーパー(421)
10位:GAG少年楽団(419)


個人的結果
1位:かまいたち
2位:にゃんこスター
3位:アキナ
4位:さらば青春の光
5位:アンガールズ
6位:パーパー
7位:GAG少年楽団
8位:ジャングルポケット
9位:ゾフィー
10位:わらふぢなるお



この大会以降俺が録画してる番組でよく観るようになったの、パーパーくらいかな。
KOCも決勝行っても全然テレビ出れなくなってるな~


まぁパーパーが頻繁に観れるようになってよかったよかった。


ではまた来年~

2017年上半期ベストミュージック

相変わらずのゆとり具合で今更ながら2017年上半期のベストです。

今回はベストアルバム、ベストトラック、注目アーティストと特別賞を選出しましたよ。

ここんとこ移動中しか音楽を聴かなくなってしまったので、今回は移動中にいいなと思ったものが多めです。

歌詞をしっかりと読めていないのでまぁそういうことです。

無難な面白みのない選出になっちゃったかも。

邦楽だけです。

では。

 

ベストアルバム

2017年1月1日~2017年6月30日にリリースされたアルバム or ミニアルバムの中から、10枚を選出。

※アーティスト50音順


雨のパレード『Change your mind』
Change your pops (初回限定盤)
www.youtube.com
次世代枠
雨パレ、徐々に自分らの世界にコクが出てきていい感じ。
一時のサカナクションの様に行きすぎないことを願うばかり。
あとドラムが好きです。



Awesome City Club『Awesome City Tracks 4』
Awesome City Tracks 4
www.youtube.com
久しぶりにめちゃくちゃいいオーサムがきた!
「Awesome City Tracks」シリーズの締めにして、1作目ばりの名盤がついに。



9mm parabellum bullet『BABEL』
BABEL 【初回限定盤 (CD+DVD)】
www.youtube.com
こちらも久しぶりに9mmやっぱいいな!となった一枚。
最近は惰性で聴いてたみたいなとこもあるんだけど、今回は全力全開の9mmでとてもいい。



女王蜂『Q』
Q(初回生産限定盤)(DVD付)
www.youtube.com
煽りに偽りなしの女王蜂史上最高傑作。
It's a dance time!



ドレスコーズ『平凡』
平凡【TYPE-B(初回限定盤)】CD+DVD
www.youtube.com
一生聴けちゃうやつ。
飽きがきませんわ。
アルバムとして完成しすぎててライブがイマイチだったみたいなところもあるけど、それだけの作品っす。



Maison book girl『image』
image 【初回限定盤】
www.youtube.com
今回のアイドル枠
もう芸術の域に達しちゃってるでしょ、ブクガ。
美しい。



Base Ball Bear『光源』
光源(初回生産限定盤)(DVD付)
www.youtube.com
結局ベボベ好きなんだよ!!
3人体制一発目。めちゃくちゃいい。



ヤなことそっとミュート『BUBLLE』
BUBBLE
www.youtube.com
アイドル枠もうひとつ
もはやアイドルでもないのかもしれないな、楽曲だけだと。
めっちゃ好き。
とにかくバンド好きに聴いて欲しい。



Yogee New Waves『WAVES
WAVES※初回限定盤(CD+DVD)
www.youtube.com
2017年夏、一番気持ちいい一枚。
野外で酒飲みながらヨギーのライブを観る行為、最高。



yonige『Neyagawa City Pop』
Neyagawa City Pop
www.youtube.com
2017年、このバンドを押さえておけば間違いないこと大阪府寝屋川yonige
結局こういうバンド好きになっちゃうよね。
あと歌詞に平気でどこかで聴いたことあるフレーズを使ってくる度胸が凄い。
このアルバムもいいんだけど個人的には1枚目が好きなので、それオススメです。




ベストトラック

2017年1月1日~2017年6月30日にリリース or 配信された曲の中から、10曲を選出。

主にMVがある曲(シングル曲、アルバムのリード曲)とアルバムの方で選んでないものから。

※アーティスト50音順


アカシック『オレンジに塩コショウ』
www.youtube.com
毎回選んでるような気するな~アカシック
いい曲作りますわ~。



あヴぁんだんど『Hello!!』
www.youtube.com
2017年上半期、一番いい曲と言っても過言ではない大名曲。
あヴぁはいつ観てもいいし、曲もいいし、ひたすら続けてってほしいな~。



GLIM SPANKY『美しい棘』
www.youtube.com
いいよ~グリム。
力強いよ~。



集団行動『ホーミング・ユー』
www.youtube.com
みんな大好き真部脩一
あとヴォーカル齋藤里奈さんめっちゃかわいい。



私立恵比寿中学『紅の詩』
www.youtube.com
めちゃくちゃ良くてリード曲とかじゃないけど選んでしまった。
動画もエビ中とかじゃないし。
めっちゃいいです。



どついたるねん『Human』
www.youtube.com
どつ。今回のアルバムすげーよかったんだよね。
中でもこの曲が好き。
ナイスメロディ工場長!メジャー進出おめでとう!



BiS『twisted grunge』
www.youtube.com
これもリード曲でもなんでもないんだよね。
でも発表された瞬間からいままでずーーっとめちゃくちゃ好き。
新生BiSで一番好きな曲。
ゆらりゆらりで入ってくるゴ・ジーラさんと、ラスサビのペリタンパートが好き。

 

Base Ball Bear『すべては君のせいで』
www.youtube.com
結局ここでも選んでしまった。
本田翼は最高。



マカロニえんぴつ『洗濯機と君とラヂオ』
www.youtube.com
結局こういうの好きになってしまうんだよな~田舎者だから。
フジファブリック『銀河』、フレデリック『オドループ』系譜のMVも観ちゃう。



レキシ『katoku』
www.youtube.com
楽しい・心地いい・勉強になる
いい曲!




特別賞

何が特別賞だ偉そうにって感じですけど、どうしても外せないものがあったので2曲。


BiS『ロミオの心臓』
www.youtube.com
こ~~~れはいい。
これはいいぞ。
MVがめちゃくちゃ好きっていう1曲です。
ベストMV賞ってとこか。
このMVのおかげで元々良さげだと思っていた曲自体3割増で好きになった。
アヤプリ~~~~!!!



岡崎体育『鴨川等間隔』
www.youtube.com
アルバム『XXL』を聴いてて「うーわめちゃくちゃいい曲あるやん」と思ったのがこれ。
調べたらインディーズ時代に歌ってた曲の再録らしい。
ということでベスト再録曲部門といったところ。
岡崎体育はライブもおふざけ曲も今やまったく刺さらないけど、こういう系のはめっちゃ好き。

 


注目アーティスト

MIGMA SHELTER
f:id:CabbageHunter:20170920230031p:plain

ミグマシェルター(通称:ミシェル)

ただ今一番ハマってるってだけなんだけどね。
めっちゃいい。
合法ドラッグ的楽曲
キマリもんだらけのフロア
かわいいメンバー
という素晴らしいものだらけ。

"頭ぶっ壊れ"がコンセプトらしく、楽曲をめっちゃくちゃにMIXしてくるときもある。
5曲をめっちゃ繋いで1時間もライブをしちゃう。
頭がオカシイ。

もうそろそろアイドル楽曲に対する偏見も無くなってきてる気もするけど
アイドルだから~って敬遠してる人たちは一回ライブを見てぶっ飛ばされてほしい。
(そのような人たちに見られる機会のあるイベントにでてほしい)

それと10月29日からメンバーが1人(?)増えるらしいっす。
この機会にはじめようミグマシェルター。

www.youtube.com
動画めちゃくちゃ転がってるので新しめのを観てみよう!!




以上。

過去2年分くらいもあるんで気になった方は掘ってみてください。

次は多分来年3月!

キャベツ山さとし漫画大賞2016

 はい、2016年漫画まとめでーーーす。

 

完全なる自己満なので、興味のある方のみどうぞ。

それと2016年に発売した単行本の内容で選んでます。

本誌じゃなくて単行本!

もう2017年入って4ヶ月も経ってるけど頭を年末に戻してどうぞ。

 

短期完結賞

選出条件:5巻以内かつ2年以内で完結した作品

 

西尾維新×はっとりみつる『少女不十分』(全3巻)

しっかりとしたストーリーと2ページ目から没入できる巧い構成。

ささっと描き切り、終わり方も綺麗ときた。 

活字嫌いでも楽しめる。おすすめ。

 

堂々完結賞

選出条件:上記以外の完結作品

 

古屋兎丸帝一の國』(全14巻)

帝一の國 14 (ジャンプコミックス)

帝一の國 14 (ジャンプコミックス)

 

舞台化、映画化もした悪知恵と情熱の生徒会選挙漫画

盛り上がるべくして盛り上がって終わった素晴らしい作品。

一癖ある締め方も流石の兎丸先生。

 

期待の新作賞

選出条件:2016年に単行本第1巻が発売した作品

 

白井カイウ×出水ぽすか約束のネバーランド

週刊少年ジャンプで連載中の脱獄サスペンス。

ジャンプじゃ『DEATH NOTE』以来(?)の頭脳バトル。

面白すぎてジャンプでやってることを心配してしまうレベル。

いい具合にまとめてくれたら傑作間違いなし! 

 

残念賞

選出条件:めっちゃ面白かったのに打ち切られた作品

 

池沢春人『ものの歩

ものの歩 1 (ジャンプコミックス)

ものの歩 1 (ジャンプコミックス)

 

将棋版『ヒカルの碁』になる可能性すら感じられたものの5巻で打ち切り。

読んでる最中の楽しさ、アツさ、気持ち良さが本当に好きだったのに。残念。

その辺のバトル漫画より全然アツい。

 

カムバック賞

選出条件:連載再開作品、または新たな連載を引っ提げて本誌に帰ってきてくれた作者

 

押切蓮介ハイスコアガール

おかえり!!!

 

地味面白賞

選出条件:大爆発的演出はないが地味にずーっと面白い作品(ある種の裏グランプリ)

 

高橋ツトム『BLACK-BOX』

BLACK‐BOX(1) (アフタヌーンKC)

BLACK‐BOX(1) (アフタヌーンKC)

 

高橋ツトムのボクシング漫画。

とにかくアツく、とにかく震える。

そして読んでる間ずっと悪い顔になっちゃってるんだろうな~ってな最高をいただける作品。最高。

 

加速・円熟賞

選出条件:20巻以上続いた上で今が一番面白い作品

 

諌山創『進撃の巨人

進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

 

ご存じ大ヒット漫画。

誰が読んでもわかるレベルの締めに差し掛かってきて、本当におもしろい。

「うおおおおおおおおお!!!」「やべぇぇぇぇぇぇえええええ!!!」不可避。

 

ベストバウト

選出条件:2016年でケリがついたスーパー面白バトル

 

斑目貘 VS ビンセント・ラロ (迫稔雄嘘喰い』)

嘘喰い 43 (ヤングジャンプコミックス)

嘘喰い 43 (ヤングジャンプコミックス)

 

エアポーカー、毎週震えた。

これまで『嘘喰い』で一番おもしろかったババヌキを超えましたね。

 

準大賞

選出条件:完璧な面白さを誇る作品

 

金城宗幸×荒木光『僕たちがやりました』

僕たちがやりました(3) (ヤンマガKCスペシャル)

僕たちがやりました(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 

単行本の流れが毎度毎度完璧。

こんなに毎巻完璧だって思ったの初めてかもな。

 

大賞

選出条件:とにかく究極に面白い作品

 

藤本タツキファイアパンチ

ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックス)

ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックス)

 

はい、優勝。

 

 

以上です。

2016年は少年ジャンプ系が面白くて再評価の年になったのではないでしょうか!

来年こそはささっと選びたいね。

さらば!

 

cabbagehunter.hatenablog.jp